【ベンツ・BMW・アウディ】ドアモールのくすみの取り方。磨きで綺麗にする方法。

ベンツ、BMW,アウディなど欧州車の弱点のひとつが、白くくすんでしまったドアモール。

新品に取り替えるには部品代が高額だし、かといってそのままではカッコ悪い。

実は、一度くすんでしまったドアモールは、洗車やコンパウンドで磨いても輝きは戻りません。

それは、材質がアルミで、白くくすんでいるのは水垢ではなく、アルミ自体の白サビだからです。

でも、もう大丈夫。正しい知識と正しい対処のやり方で、アルミの劣化を止め、輝きを取り戻すことができます。

失われた輝きはアルミの劣化が原因

アルマイトメッキは復活する?

アルマイトメッキとは、アルミニウムの表面を酸化させてメッキのような被膜を作り、劣化しにくくする表面処理技術。

このアルマイトメッキは何かコーティングがされている訳ではなく、アルミ素材むき出しのような状態。湿度の低い欧州では目立った劣化(腐食)はしないのだが、湿度が高い日本ではアルマイトメッキ素材が早く劣化(腐食)しやすく、染み込むように固着してしまう。そう、アルマイトメッキに見られる劣化はアルミの腐食なのだ。

磨いただけでは根本解決にならない

腐食が進んだアルマイトメッキの表面は、研磨剤等で磨いても簡単に落ちるようなことは無く、もし綺麗に磨けたとしても数か月経てばまた腐食して劣化しまう。アルマイトメッキを磨いて光沢を出す作業は、腐食対策の根本的な解決にならないのだ

メッキ専用に開発された保護剤「メッキング」

アルマイトにコーティングして腐食を抑える

既に進行してしまったアルマイトメッキの腐食から輝きを取り戻すには、専門店による研磨作業を行うかパーツを新品に交換する他ない。

上述したように、研磨作業では一時的にしか綺麗にならないうえ、作業工賃も数万円になるためそれなりの出費を覚悟しなければならないし、もし新品パーツに交換することになれば数十万円の出費がかさんでしまう。

「ルーフレールやドアモールのアルマイトメッキをいつまでも新品の輝きのまま保ちたい…」そう思っているベンツオーナーにこそ、「メッキング」をぜひ使用して頂きたい。

コーティングすることで輝きを保ち続ける「メッキング」 は、メッキ専用に開発された特殊な保護剤。

その原理はメッキ表面にある無数の小さな穴を埋め、メッキ自体をコーティングすることにより素材を外気からシャットアウトできることにある。

メッキングのポイントは「薄く塗って伸ばすだけ」

まずは、アルマイトメッキモールの白サビを除去するためにコンパウンド等で根気よく腐食を取る! 根気との闘いだ。

アルマイトメッキパーツが十分に輝いたらメッキングの出番だ。メッキングを専用のクロスにほんの数滴垂らして、とにかく薄く延ばしていくように塗り込んでいくのだ。

つい大量に塗ってしまいそうになるが、それは結果的に表面がムラだらけになってしまうだけなので、焦らず丁寧に伸ばしていこう。メッキングのポイントは「薄く塗って伸ばすだけ」なのだから、これほど簡単なことはないという印象。

メッキングは塗布したのちに硬化するまで約1日かかるので、その間は雨が当たらない場所にクルマを移動しておこう。

アルマイトメッキは外気に触れた瞬間から腐食が始まってしまうため、折角メッキパーツを磨いてもメッキングを塗布しない場合はまたスグにくすんできてしまうとのこと。

愛用者の声

ベンツが好きで何台か乗り換えましたが、モール部分がすぐに腐食する事が多く悩みの種でした。

今までは腐食が出ては業者に依頼して削ってもらっていましたが、新車購入時に試しにメッキングを塗布したころ、今までの悩みがなんだったのかというくらい腐食がまったく出ません。これには正直驚きです!! 心配なので1か月に一回重ねコーティングしているというのもあるかもしれませんが、欧州車のメッキモールに悩まされている方には新車時(買い替え時)に使用することをおススメいたします っていうかやった方がです。あとで業者に頼んで削っていただくより全然安いでよ!! いっその事新車時にメッキングをディラーでセット販売した方がいいのでは!! と思う商品です。

まとめ

ここまで読んだあなたが輸入車のオーナーだとしたら、すぐにでも試したくなるのでは?

カー用品店で売られている類似品は研磨して綺麗にしますが、それだと数週間でくすみが発生してきます。

詳しくは専用サイトがありますので、そちらから商品の詳細をご覧ください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

konnni

こんにちは~~~~