【LED埋め込み】フロントバンパーで差をつけるLEDの加工取付のやり方

前から自分と同じ車が走ってきたとき、すれ違いざまに、ついつい見比べることないですか?

よりグレードが高いとか、魅力的な追加オプションが装備されている車とすれ違うと、なんだかちょっとモヤモヤした気持ちが・・・。

えむお

特にヘッドライトやフロントバンパーのデザインが気になるようですね。

それなら自分だけのオリジナルで、フロントバンパーにちょっとしたDIYワンオフ加工は如何でしょうか。

想像してみてください。同じ車に乗るオーナーが、すれ違いざまに振り向く姿を。そんな車でドライブに出掛けたら、毎日の運転もさらに楽しくなりませんか。

今日は、30系アルファードのオーナー同士にしか判らないような、追加LEDのさり気ないワンポイント加工をご紹介します。

難易度★★★★☆のLED加工と取付けの方法

DIY難易度★★★★☆

今回必要となる道具

電動ドリル

丸やすり8~10㎜サイズ

内張り剥がし

13㎜スパナ

配線加工に必要な工具(ニッパー等)

ビニールテープ

LEDランプ

さり気なく埋め込むLEDランプ

えむおがご依頼を受けたのは、30系アルファードのフロントバンパーにLEDランプを埋め込むという作業です。

DIYでやるにはハードル高いですが、DIY上級者であれば可能なのでご紹介することにしました。

部品代は送料込みで¥2,200円くらいだったような・・・。

30系アルファードは、フロントバンパーを取り外さなくても、フォグランプの化粧パネルが取り外せました。

その時に使った便利ツールが、この内張り剥がしにも使用するこちら

パネルが外れたら、LEDを取り付ける位置を決めて、10㎜のドリツで穴を開けます。

まだLEDランプのボルトのほうが太いので、丸やすりで少し穴を拡げました。

開けた穴にLEDを取り付け、配線は4→1本にまとめます。

点灯確認もして、問題ないことを確かめます。

この状態で、バラした逆の手順で組んでいきます。

配線は、スモールランプから電源を取りました。

ライトを点けると分かりますが、昼間はほとんど気づきません(笑)

えむお

F1レーサー並みの動体視力がなければ、昼間はすれ違っても気づかないですね!

今回使用したLEDはこちら。

まとめ

ワンオフ加工は如何でしたか。

上のアルファードの画像、カッコいいですね!

このような、ものすごく自己マンなDIYが、より愛車に対しての愛着が沸いてくるのですよね。

今回は、LEDを取り付けるための穴あけ加工までの作業が、一番の難関です。

逆に、そこさえクリアしてしまえば、配線加工は難しくないので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

すれ違うアルファードオーナーが振り向くこと間違いなし!?

konnni

こんにちは~~~~