【ハーレー】スポーツスターの「ニュートラルスイッチ」交換のやり方

ハーレーダビッドソンの中でもスポーツスターにありがちなのが、ニュートラルランプの不点灯。

コレが切れると、交差点で止まる度にニュートラルを確認しながらゆっくりとクラッチを離して・・・なんてやらなければいけないので、やはり不便です。

そして、ただの球切れだったらいいのですが、ニュートラルランプ不点灯の理由は他にあります。

それが、ニュートラルスイッチの不良です。

コンプレッサーとインパクトレンチが必須の作業なので、DIYで交換するにはハードルが高いですが、交換のやり方をメモ代わりに残しておきます。

ニュートラルランプ不点灯を甘くみていた

すべてはヤフーオークションから始まった!

ニュートラルランプが点灯しないという《スポーツスター》を、現車確認しないまま、ヤフオクで購入したのが、そもそもの始まりでした。

えむお

現車確認はしっかりしましょう!

この際ノーマルマフラーも交換しよう

ニュートラルスイッチとご対面するまでの道のり遠いです。

えむお

どれくらい遠いのかというと・・・

①ノーマルマフラーを取り外す

②フロントステップを取り外す

③フロントプーリーケースを取り外す

④リアアクスルを緩め、ベルトをたるませる

⑤フロントプーリーのセンターボルト(47ミリ)を外す

⑥フロントプーリーを外す

⑦ニュートラルスイッチを外す

えむお

これくらい遠いのです。。。

ノーマルマフラーを取り外しました。

排ガスを測定するO2センサーは組み替えて再利用します。

外したノーマルマフラーの重量はかなり重い。

ニュートラルランプが点かない。コレを甘くみたのがそもそも間違いだった(笑)

クランクプーリーのケースまで外れました。

ここまではDIYでも問題なくできるでしょう。

むしろ、問題はココからです。

えむお

特大の47mmソケットと、インパクトレンチが必要。道具のおかげでDIYを断念するか迷うところでした。

47mmというサイズのナットがドンっと構えております。

なんと、このためだけにソケットを購入しました。

そして、逆ネジということを忘れずにお伝えしておきますね。

クランクプーリーが無事に外れたら、ニュートラルスイッチのカプラーをラジオペンチで摘まんで外します。

えむお

ようやく念願のニュートラルスイッチとご対面!

ここまで作業が進めば、あとは簡単です。

今回取り替えたニュートラルスイッチのパーツはこちらです。

この部品の為に、どれだけの苦労をここまでしたことでしょう(笑)

えむお

プーリーナットを取り付ける際は、ネジロックの塗布をお忘れなく。

スポーツスターでは故障の事例がいくつかありましたので、もう少しメンテナンスしやすい場所にパーツを設計してくれると有り難いのですが。

純正マフラー外したついでに、社外のマフラーに交換しました。

部品交換したら、すぐに点灯確認。部品を全て組み付ける前にチェックするのは当然です。

バラした逆の手順で組み付けていき、完成です。

技術よりも工具が用意できるかの問題

全体的な作業の難易度は高くない

作業してみて気づいたことは、技術的には特別なにも難しくはないということでした。それよりも、整備する環境が整っていないと、DIYは難しいでしょう。

このためにソケットと電動インパクトレンチを導入しても、次の出番がほぼないことを考えると、コスパはどうなのとなる。

安全面を考慮すると、気軽にお願いできるバイク屋さんがある人には、バイク屋さんにお任せすることも選択肢でしょう。

konnni

こんにちは~~~~