【悲報】錆びて穴が開いた車のマフラー|車検が通るように修理できる?

車を買い替えるタイミングでもないし、今乗ってる車をあと2年乗ろうかな。

と軽い気持ちで車検の見積もりを出してみたら、マフラーに穴が開いていて、マフラー交換だけで10万円なんて請求がきたらどうしますか?

あなたの車がすでに10年10万キロを走破した軽自動車だったら、そこまでお金かけたくないですね。

かといって、買い替えるだけの余裕も今はない。

穴が開き、廃棄漏れしているマフラーはそのままでは車検は通りません

この記事では、あと2年乗るための車検対策として、穴が開いたマフラーの修理について記していきます。

耐久性よりも目先の車検!

見映えよりも目先の車検!!

今回用意した工具と材料

マフラーパテ

今回は硬化剤と混ぜるタイプのマフラーパテを使用。

アルミテープ

用意はしたが、出番はなかったアルミテープ。穴をアルミテープで塞いでからマフラーパテを使用することもある。

耐熱スプレー

マフラーパテで穴を埋めたあと、見映えと錆止めを兼ねて耐熱スプレーでパテ埋めしたマフラー部分を塗装する。

耐熱布サーモ バンテージ

溶接したり穴埋めした際に、より強度を保ってくれるのが、この布耐熱さーもバンテージ。バイクのマフラーのエキパイ部にも熱遮断処理に使われる。こちらも今回は出番なし。

MIG溶接機 予想外のヒビ割れのため使用

本来、穴埋め程度では出番がなかったMIG溶接機。今回修理するマフラーが完全に割れていたため、急遽出陣。DIYの領域を超えてしまった。

穴の修理は可能。しかしそれ以上の状態だった!これでは修理不可能?

これは予想外!それ、穴じゃないです・・・

「錆びて穴が開いている」と聞いて確認してみると・・・

マフラーの《フランジ》と呼ばれる継ぎ目部分を針金でグルグル巻きにして固定している。

なんだかちょっと怪しい雰囲気を察知しつつ、針金をほどいてみてビックリ!

「コレ、穴じゃなくて割れてますね。完全に・・・」

なによりも目先の車検が最優先|耐久性は二の次。

仮止めされていた針金をすべて除去して分かったことが、フランジ部分の付け根から完全に割れてしまったマフラーだということ。

しかも、出口側ではなく中間パイプ側。

ここには一体式の触媒があり、新品部品は6~8万ほどするのだ。

取替工賃も含めると、税込みでおよそ10万円の出費です。

お客さんの車は今から13年以上前のワゴンR。

何もやらなければ6万円程度で済む車検に、さらにプラス10万円の予算を投じることは現実的ではない。

可能な限り溶接で強度を保つ

予算の都合も考慮して、今回はマフラーは取り付けた状態で溶接作業をする。

安全面だけ気を付けて、見映えよりも強度を重視して溶接していくことにした。

穴が開いているところも同時進行で溶接していく。

【検証】割れたマフラーは修理可能だったのか?

【結論】修理は可能

真っ二つに割れていたマフラー。溶接、マフラーパテ、耐熱スプレーで修理してみた。


見映えよりも強度を重視した結果、出来上がりはこのような状態。
だが、排気音はかなり静かになった。

まとめ

錆びて開いた穴の大きさにもよりますが、2~3㎝程度であれば、マフラーパテで埋まります。

場合によってはアルミテープで穴を塞いだあとにマフラーパテで補強するような感じでもよいです。

振動によりパテが割れたり剥がれる可能性もあるので、布耐熱サーモバンテージでさらに補強するのも効果はあります。

マフラーに穴が開いて排気漏れしていると車検が通りません。

DIYで出来る修理は穴の大きさに左右されるが、車検を通すという目的は達成できるでしょう。

konnni

こんにちは~~~~