臭いの原因はカビだった!車のエアコンから嫌な臭いを消す方法

「気持ちのいい冷風」が出てくることを期待して、エアコンを付けた瞬間、その吹き出し口からもわぁ~とキツイ臭いが・・・。

その臭い、エバポレーターに発生したカビが原因です。

あなたがその臭いを不快に思うのなら、同乗する人もかなり不快に思うでしょう。

友人や彼女をドライブに誘っても断られるとしたら、この臭いが原因かも。

そこでこの夏、友人や彼女と快適なドライブをするために、自分でも簡単にできるエアコンの洗浄のやり方をお伝えします。

【便利グッズ】手軽にできる洗浄スプレー

臭いの原因はエバポレーターの結露によるカビ

エアコンが冷えると結露が発生します。

特に車内へ送る空気を冷やす役割を担っているエバポレーターは、その結露が湿気の原因となり、カビを発生させるのです。

市販品の洗浄スプレーで、自分で簡単に洗浄

洗浄のやり方はとても簡単です。

市販のカーエアコン専用洗浄スプレーを説明書通りに噴霧するだけ。

ただし、それにはグローブボックスの分解や、エアコンフィルターの取り外しなど、部品の分解が必要になります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51k0oWd2g0L._AC_.jpg

エアコンフィルターも同時交換

1年の1回を目安に取り替えが必要なエアコンフィルター。

1000円~3000円程度で購入できるので、エバポレーターを洗浄したついでに、エアコンフィルターも取り替えましょう。

芳香剤で好みの香りを楽しもう

エバポレーターの洗浄とエアコンフィルターを取り替えれば、今までの異臭もかなり改善されたはずです。

そこまで洗浄できたら、芳香剤の香りを楽しむこともできるでしょう。

そこまでやっても改善しない理由

エバポレーターの分解と清掃が必要

洗浄スプレーをしただけでは改善されない悪臭は、エバポレーターを分解して清掃することが効果的です。

ただし、プロに依頼することになり、エバポレーターを外すことでクーラーガスも抜けてしまいます。

作業がわりと大ごとになってしまうので、工賃と部品代も含めると50000円前後はかかると想定したほうがいいでしょう。

まとめ

これから本格的に気温が上がってくるため、今のうちにエアコンの洗浄をしておくのが得策です。

一度の洗浄で臭いが改善されなかったからと諦めず、洗浄スプレーでの洗浄を2~3回繰り返してみるのも、やってみる価値はあります。

夏の快適なドライブに向けて、エアコン洗浄のついでに、室内のカーペットやシートも清掃してみましょう。

臭いは布にも吸収されます。臭いが解消されれば、いつも乗り気じゃなかった友人や彼女も、あなたの車でドライブに付き合ってくれるかも?

konnni

こんにちは~~~~