車のヘコミをドライヤーでなおす?

もし、自分の車のバンパーがべっこり凹んでしまったら?

こんな人にオススメの記事です。

①とにかく安い方法で修理したい

②パっと見、直ってればよい

③自分で修理してみたい

その他にも、今のままではみっともないけど

数か月後の車検で買い替えるから。

という人もいらっしゃいますね。

過去、当店でもバンパーがこんな状態になってしまった

お客さんがご来店されたこともあります。

それでは、今回の本題いってみましょう!!

==============
家庭用のドライヤーでなおる?
==============

まずはYouTubeにアップされてたこの動画をみてください。

鋼鈑の硬いところが凹んでいる場合には

ドライヤーで温めても変化ありません。

こちらの動画は成功例です。

ドライヤーとバンパーのヘコミは相性が良さそうで

自称直った!という投稿が他にもアップされていました。

===================
注意点はたったひとつ!温度を制すること
===================

家庭用ドライヤーの出力では

一定の温度を全体に入れることは

難しいです。

そこで、ヒードガンの登場!

HAKKOのヒートガンならプロも使っている

安心のヒートガン。

ただし、これで髪を乾かそうものなら

チリチリになってしまうし

バンパーの1点を集中的に温めると

熱が入り過ぎてバンパー表面がウネウネしてしまう。

熱を制するものがヒートガンを制します!

と、ここまで書きましたが

冒頭の写真、どうなったか気になりませんか?

なんと、ヒートガンよりも均一に熱が入る

遠赤外線ヒーターで万遍なく熱を入れ

裏からテコの原理で押し出しました。

これくらいの作業で¥5千円~¥8千円で

当店ではご対応しています。

どうしてもご自分でやりたい方は別ですが

お近くの鈑金塗装屋さんに行ってみるのも

ひとつの選択です。

ヒートガン、1万円はするからね。

konnni

こんにちは~~~~