未分類

プロの視点☆熱湯で本当に車のヘコミは戻るのか?

車の凹みって熱湯かければ直るって聞いたけど、それって本当かな〜と、お悩みの方はいませんか?

それは本当です!ただし、修理する場所や、凹み方によって修理方法が違います。

このページでは、その具体的な方法をお伝えしていきます。

熱湯を使わない方が良い場所もあります。このページでは、熱湯で直ってしまいます!この記事では、そのやり方についてお伝えします!

①車のヘコミは熱湯で直る?

バンパーやドアパネルのヘコミ

気になりますよね。

コロナ禍で自粛が続いて時間を持て余して

しまっているあなた。

自分の車のヘコミをかんたんに修理

してみませんか?

このブリグでは3つのうちの

【熱湯を使ったヘコミ修理】の方法を

プロの視点を交えつつ、解説していきます。

それではいってみましょう!!

============
熱湯かけるだけで直るの?
============

はい、直りません(笑)

ただ熱湯を掛けるだけでポコンとヘコミが

直るワケではないです。

そこで必要な力(応力)を加えることで

凹んだパネルがポコン♬という心地よい音と共に

時には信じられないくらい綺麗に

元どうりになります。

===========
応力を加える2つの手段
===========

①冷却スプレー

これは鋼鈑のヘコミに活躍するのですが

熱湯を掛けて鋼鈑が温まったところへ

冷却スプレーを噴射することで

急激に冷やされた鋼鈑が縮むことによって

ポコン♫と鋼鈑が戻る可能性が高まります。

②裏側から押し出す。

はい、力技です(笑)

きつくヘコンでしまった鋼鈑はどうしても

自然には戻りません。

そこで裏側に手が入るれば押し出し

道具が入るのならテコの原理を使い

押し出してあげると戻る可能性が高まります。

======================
ここだけは気をつけろ!失敗しないための注意点
======================

①お湯はたっぷり用意する

作り過ぎて困ることはないが、足りないと本当に困ります。

②鍋よりもヤカンで注ぐ

確実にヘコミを狙うにはヤカンが一番です。

==================
それでもヘコミが戻らないときは・・・
==================

やれるだけのことをやったあなたはエライです!

しかし、餅は餅屋と言うように

やはりプロに任せるしかないこともあります。

近くの鈑金塗装屋さんに聞いてみましょう。

以上、

プロの視点☆熱湯で本当に車のヘコミは戻るのか?

でした。

konnni

こんにちは~~~~